トイプードル

愛犬を病気から守る術を徹底的に伝授|飼い主の義務

動物という家族

犬と飼い主と獣医

事前に調べること

犬をペットとして飼育するならば、購入をする前に調べたほうが良いことがいくつかあります。そのことを知っておくだけで、ペットライフの充実の度合いがかなり変わってきますので、しっかりと調べましょう。その知っておくと良いことの中で、もっとも大切だと考えられるのが、「どのような病気になりやすいか」ということです。犬には犬種というものがあり、それぞれに特徴があります。外見の特徴ならば分かりやすいのですが、内面の特徴となると見ただけでは分かりません。そのため、犬種によってなりやすい病気があったとしても、自ら調べなければ知ることができないのです。なりやすい病気が分かれば対策ができますので、購入前に確認しておきましょう。

動物病院の確認を

犬種によってなりやすい病気を知ることができたならば、次は動物病院を探さなければいけません。病気というものは予防していれば、「絶対にならないもの」というものではありませんので、動物病院のチェックも必須といえます。なお、犬に対応している病院ならば、どこでも良いわけではありません。病院によって、得意としている動物が違ったり、対応していても手術ができなかったりしますの、そちらも確認しておくと良いでしょう。購入予定の犬種がなりやすい病気と、その病気を治療してくれる動物病院を調べておけば、万全の体制で家族として迎え入れることができます。せっかく犬という家族を増やすのですから、事前情報を活用して丈夫で長生きをしてもらいましょう。

世界的に人気がある小型犬

犬

フレンチブルドッグの魅力は、小柄で美しいシルエットと、温和な性格である点です。また、利口で飼い主に良く慣れます。暑さが苦手な犬種でもあるので、飼育の際は適切な温度管理が必要です。

詳細を読む

穏やかで人なつこい犬

ゴールデンレトリバー

大型犬であるゴールデンレトリバーは金色の毛並みと穏やかな性格が特徴の犬です。賢いので新聞をとってくるなどの役割を与えると喜びます。毛が多いのでこまめにブラッシングする必要があります。夏場は暑さに注意しなければなりません。水浴びもおすすめです。

詳細を読む

犬種の説明

女性と犬

ミニチュアピンシャーはドイツ原産の小型犬で、硬くて短い体毛は茶や黒などの色をしています。体は筋肉質で運動を好むため、飼育の際には十分に運動できる環境を整えてあげる必要があります。忠誠心に厚く外部に対して攻撃的になることから、飼い主が主導権を握ってしっかりしつけることが大事です。

詳細を読む